You are currently viewing メタバースとは?語源や定義、種類を紹介

メタバースとは?語源や定義、種類を紹介

2022年に入り様々な国や企業、個人がメタバース市場への参入や興味を示し、爆発的にメタバース市場は広がり続けています。

その背景にはWEB3.0の構想による通信技術の進化や普及があります。他にも、2021年のSNS大手のFacebook社がMeta社へと改名したり、SNS事業からメタバース事業への転換を表明したりといったビッグニュースなどの様々な要因が挙げられます。

今回は弊社事業の主たるメタバースとはなんぞや?といった点を、独自の見解を交えながらわかりやすく解説していきます。

META-MA(メタマ)のご利用を検討されている企業様は是非ご一読いただければ幸いです。

メタバースの語源とは

メタユニバースの語源

メタバースの語源は「超越」を意味する「Meta」(メタ)と「世界」を意味する「Universe」(ユニバース)です。

「Meta」(メタ)+「Universe」(ユニバース)=「Metaverse」(メタバース)というわけですね。

1992年に発表されたニール・スティーブンスンのSF小説『スノウ・クラッシュ』の中で、仮想世界を「Metaverse」(メタバース)と呼称していたことから使用されています。

メタバースの定義とは

メタバースの定義とは

上記でも解説した通り、「メタバース」という言葉自体がもともとSF小説に出てきた一つの造語でしかないので、明確なメタバースの定義があるわけではありません。

この部分がメタバースというサービスへの理解が進まない理由の一端でもあります。

メタバースは利用する人や、サービスを提供するプラットフォーマーごとに定義が異なりますので、弊社では以下の要素を持つプラットフォームをメタバースと呼称します。

  1. インターネット上にアバターが活動できる2Dもしくは3D空間がある。
  2. 利用者がアバターを用いて他者とコミュニケーションを取ることができる。
  3. 運営のみならずユーザーもメタバース内にコンテンツを制作することで利益を生み出すことができる。

よくオンラインゲームとメタバースが比較されることが多いですが、1と2の要件はどちらも満たしています。3に関しての要件を満たしているならメタバース、満たしていないならオンラインゲームと切り分けられるといえますが、そのあたりは利用者の受け取り方次第といったところですね。

いずれにしても「メタバース」という言葉自体が様々な解釈を持つことからも、今までにはない可能性の広がりを感じますよね。

メタバースの種類とは

メタバースの種類とは

弊社におけるメタバースの定義付けは上記のように行いましたが、実際に世の中でリリースされているメタバースにはどのようなモノがあるのか大きく3つにジャンル分けします。

1:ゲーム/SNSメタバース

最も利用者数が多く、古い歴史を持つメタバースです。ユーザーの多くはZ世代と呼ばれる10代のユーザーで、ゲームコンテンツを楽しみながらSNSの代わりにコミュニケーションツールとして利用しています。

有名なプラットフォームだとMinecraft (マインクラフト)やRoblox(ロブロックス)、ZEPETO(ゼペット)があり、それぞれ数億人以上のユーザーがいます。
1日の利用者数はなんと数百万人〜数千万人に上ります。

メタバースがオンラインゲームと比較される理由もここにあり、10代のユーザー自身はメタバースを利用しているというよりも“面白いゲーム ”を楽しんでいるだけなのです。

そして、驚くべきは多くの10代のユーザーが、これらのプラットフォームでゲームを楽しみながら収益を得ることが当たり前になっていることです。

2:NFTメタバース

NFTという技術は簡単に言い換えると「デジタルの証明書」です。NFT技術が登場する以前にはインターネット上に公開したあらゆるデータ(写真、動画、音楽etc..)に対して”自身のモノ”であるという証明は非常に困難なことでした。

NFT技術が登場したことによって、インターネット上で公開されたものにデジタルの証明書を付与して”価値”や”所有権”、”権利”を明確にすることが可能となりました。

NFT技術により仮想空間で販売する”土地”や”商品”にデジタルの証明書を発行することで、リアルな土地販売や商品販売と変わらない経済活動を行えるのがNFTメタバースです。

有名なNFTメタバースにはThe Sandbox(ザ サンドボックス)やDicentraland(ディセントラランド)があります。

日本国内でもThe Sandbox(ザ サンドボックス)ではOasis TOKYO(オアシス トーキョー)、Dicentraland(ディセントラランド)ではOasis KYOTO(オアシス キョート)という仮想都市開発が行われており、様々な著名人とのコラボイベントが開催され、仮想土地や3Dアイテムへの投機的な期待から注目を集めています。

3:ワークスペースメタバース

新型コロナウイルスの影響から、世界中でリモートワークやオンラインミーティングが当たり前に浸透してきましたが、そのぶん人との関わりは希薄になってしまったように感じられます。

そんな人と仕事の関わりを新しい形で繋ぐのが、ワークスペースメタバースです。
ワークスペースメタバースは、インターネット上の仮想空間にオフィスを置き、仮想空間にアバターで出勤。出社しているアバターに声を掛ければ、現実のオフィスで同僚に声をかけた時のようにスグに反応が返ってくる、といったようなイメージです。

ワークスペースメタバースは2D・2.5 D・3Dと様々な様式のプラットフォームが存在しています。ZEP(ゼップ)やGather(ギャザー)といった昔のポケモンのようなグラフィック上で気軽に参加できるメタバースや、Meta社が提供するHorizon Worlds(ホライズン ワールド)というVR機器を利用することでよりリアルにオフィスを再現し、会議を行うことができるメタバースもあります。

また、ワークスペースメタバースを活用して、企業案内やイベント集客を行う試みも始まっています。

最後に

弊社独自の観点で簡単にメタバースを解説しましたが、今この瞬間にも上記の枠組みに当てはまらないメタバースも登場しているかもしれませんし、実際にすでにサービスを提供しているかもしれません。

ですが、メタバースがどのような定義であっても、どのようなサービスであっても、これから世界中に新しい体験や新しい感動を生み出していく市場であることは間違いないと言えます。

コメントを残す